先日、査定表を確認して気を落としました。私の車はこ

ご存知でしょうか、自動車のセレナ。日

先日、査定表を確認して気を落としました。
私の車はこれだけの価値しかないんだと気付かされました。一般人とは違い、あちらこちらにチェックが追加されていました。
気落ちしてしまったのでよその買取店にも査定をお願いしたのですが、ほとんど同じ内容でした。
中古カービューというのは思ったより簡単なものです。



査定金額に満足したら、売主がすることはほとんどありません。一括査定サイトなどに登録されている買取業者なら、売主が必要書類を揃えておけば、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・自動車税の納税証明書です。姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。
時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。



最終的に代金が支払われますが、現金払いでない場合もあるので、振込先となる口座も用意しておきましょう。

車の査定をしようかなと思う一方、個人情報は知られたくないと思うのもうなづけます。

特にネット経由の一括査定を依頼すると、多くの買取をする企業に自分の個人情報を見られるのが少し心配ですよね。
そうは言っても、日本の法律でどのように個人情報を扱うかは厳しく定められているので、基本的には心配しなくても大丈夫です。

買取業者に車を査定してもらう時は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、出張査定サービスを利用するのもありです。自宅に業者が来ても構わないのであれば、買取業者による出張査定は買取金額アップにつながるため、おすすめです。
ひとつの店に持ち込むのと違って多数の業者に同時に査定させることができます。つまり各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで高値売却が見込めるのです。親世帯と同居することになったので8年間乗ってきた車を買い換えることにしました。ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。いま思うと下取りも買い替えも初めてでしたから、ただの購入と違って買い替えなら、下取りもしてもらえてラクトクだなとさえ思い、見積書の合計だけを見て交渉なしで決めました。



妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

先週の週末にでも中古業者の買取査定を受けていたら、もっと違ったのかもしれないと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる下取り価格で、より高額な買取が可能なのは、もちろん、愛車の状態にもよりますが、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。さらに、購入する新車の値引き額を考慮した価格として提示されますから、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。


ということで、車の処分については、ディーラー下取りよりも車査定の方がお得な選択だと言えるでしょう。
カービューの査定をするときに、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定にプラスされることが多いようです。但し、古い車種でなければカーナビが付いていない方が珍しいので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。
そして、同じ理由によって車にカーナビがついていない状態ではマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。
別の車が欲しいと思っています。

今は外国製の車を所有していますが、ご存知の方が少ない車種ですので、納得のいく価格をつけてもらえるのか不安に思っています。

いくつかの中古楽天車査定店に現物確認後に査定価格を算出してもらえるようリクエストして、自分的な最低限に達しない査定額なら、オークションに出すことも視野に入れておいた方が高値がつくかもしれません。



頑張って複数の会社に査定してもらったのにほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。


複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

あとは廃車という選択肢もありますが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。


プロに頼む利点は、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。車の買取りをお願いする場合、相場の情報を手に入れたいと思うこともあることでしょう。

そんな時、大体の金額は調べ方があるものなのでしょうか。

結論からいうと、だいたいいくらするかは、知ることができます。ただし、現実的な下取りの価格とはちょっと違う部分があることを知っていてください。下取りをされるのが、どの時期なのかにもよりますし、自動車の使われ方でも変わるので、必ず、相場どうりの金額で買い取られるわけではありません。