自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに

延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、過走行

自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。本来提出すべき書類に加えて、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。ただ、所有者が故人のときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。
このような場合は、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。
その場合は書類も増えますし、相当な労力と時間がかかることは否めません。

時間に関係なく気が向いた時にできるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。
車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

とはいえ短所もないとは言い切れません。



それは電話連絡です。
夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから営業電話が殺到することがあるからです。

夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。家族が増えたのでもっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い換えることにしました。ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。


いま思うと下取りも買い替えも初めてでしたから、見積書を見ても、下取り価格が値引き額同然に思えてきて、これは有難いと交渉なしで決めました。家に帰って中古車買取サイトを見ていたら、けっこうな高値で、カービューり業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまだに後悔しています。


車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。手間をかけてでも、少なくとも2社以上の会社から見積りしてもらうほうが良いと思います。

僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、もちろん鵜呑みにしてはいけません。初対面のお客様に、あえて値引きする業者さんなんて絶対ないですよね。


見積りはかならず複数というのが鉄則です。

そのうえでより良い価格をつけてきた方を見つけることが大事です。

一括査定サイトに登録しているなら「他社にもお願いしているから」で断る業者はいないと思いますよ。中古車に限らず、インターネットでは買い取ってもらいたい車の見積もりを一度に複数の企業にお願いできてしまう、一括査定サイトがたくさんあるのです。



一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。
しかしながら、査定してもらったお店の中には勧誘の電話が幾度となくかかってくる場合もあるでしょうから、直接電話されるのが嫌だと思う人は、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。



車の買取価格は、どこの業者と契約するかで異なり、状況によっては差額に相当な隔たりが生じることもあります。一つの会社だけに査定に出すことをやめた方がいい訳がこういう理由からです。何社かの買取業者へ査定依頼を出す場合、査定が一括でできるという便利なサイトを通して行えば、さほど面倒な作業ではありません。車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントしてこの車は何年落ちだなどと言います。

よく混同しやすいのですが、製造年ではなくあくまでも初度登録年から数えますから、間違えないようにしましょう。

年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、買う側から見れば状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。
車を高値で売るには、様々な条件があります。



年式や車種や車の色などに関しては特に重視します。年式が新しく人気の車種の車は査定額もあがるのです。



また、年式や車種が一緒でも、カラーバリエーションによって価値が違ってきます。通常、白、黒、シルバーの車は高く売却することができます。自分の車を売る時には書類をたくさん準備する必要が出てきます。

中でも、自動車検査証、要は車検証は、とても重要な書類なのです。
あとは、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。



印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を揃えておくことが必要になります。

そのほかに、実印も必要となるので、きちんと準備しておくことが大切です。


古い車でも買い取ってくれるのかという質問は結構あります。維持費用を考慮しても価値のある希少車であれば、状態が良ければ買取価格がつく可能性がありますが、一括で見積もってもらったときに価格がつかないような車だとかなり渋い価格でしか買い取って貰えないと思います。そういう車は個人売買が向いていると思います。
売主側のほうでも魅力をアピールでき、中古車業界とは別の視点で価値をつけるので、相応の値段でも買い手が出てくることもあるので、愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを回ってみてはいかがですか。