Monthly Archives: 11月 2019

自分に落ち度はなくても追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修

自分に落ち度はなくても追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修

自分に落ち度はなくても追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。 Continue reading »

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が生じた場合、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古カーセンサーに出す際は事故車扱いになりますから、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。
原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。 Continue reading »

一括査定会社のサイトごとに一度に各業者の買い取り価格を

一括査定会社のサイトごとに一度に各業者の買い取り価格を

一括査定会社のサイトごとに一度に各業者の買い取り価格を知ることができるのは変化しますが、手間を減らすためにも一度に10社以上申請できるところがいいところです。
また一括査定で提示される各社の金額差というのは、あくまでも判断材料でしかありません。 Continue reading »

どんな車のタイプなのか、あるいはいつのタイミングなのかで違いがあ

どんな車のタイプなのか、あるいはいつのタイミングなのかで違いがあ

どんな車のタイプなのか、あるいはいつのタイミングなのかで違いがありますが、外車は楽天車査定業者に売ろうとした時に「この査定額は納得できない!」という事態に陥ることがままあります。外車を買取に出すときには、外車の買取を専門に行っている業者か、買取業者の中でも、外車の買取に力を入れているところへ査定してもらいましょう。 Continue reading »